嫁に行かない部下達を嫁に出す作戦!

花嫁修行ができていないのか?なぜか嫁に行かない部下達が多数いる。同僚との飲み会で聞いて見た。「お嫁にいく気はありますか?」「ありますけど、これだけ仕事が忙しいと出会いがありません」と異口同音の答えだった。そこで、嫁に出してみようと考えて見たのだ。

お節介と言われてもいいから、お嫁さんになってもらおうか。そう思うのは今のご時世では「セクハラ」の範疇に入るらしい。ただし、希望者だけの特別授業にすることにした。どうしたら、出会いの場を設定できるのか。誰かが結婚して嫁にいったら騒ぎ出すのが女の世界だ。

作戦を考えて見た。その話を行きつけのBARで話したら、「それはいいと思うよ」と独身男性客の中で良識のあるであろう人物とセッティングをすることにした。作戦をBARの経営者と協議する。話をしていると候補のイケメンがやってくるのだ。そのイケメンに話を聞くと「仕事が終わるのが毎日22時ですからね。そんな時間からデートしてくれる人はいませんから」という。

さて、うまくいくのか。楽しみになってきたのだ。